バイト 昔

MENU

学生時代にしていたバイト

この前、学生時代を過ごした街へ久々に遊びに行った時に、学生時代にアルバイトしていたお店に久しぶりに立ち寄りました。

 

久しぶりっていうのも本当に久しぶりで、顔を出したのは卒業した以来でした。
わたしがアルバイトしていたのは、ショッピングモールに入っているチェーン店の駄菓子屋さんです。

 

卒業してからもう7年も経つのですが、行ってみたら当時お世話になっていた方がなんとまだみえて再会できました!

 

当時は週5くらいでバイトに入っていたので、週の半分以上をすごした店内はちょっと実家に帰って来たみたいな気分でした。
久々に行って当時のことをいろいろ思い出しました。
駄菓子屋さんなので小さい子どもからおじいちゃんおばあちゃんも買い物に来てくれていました。

 

おばあちゃんやおじいちゃんは『懐かしいねぇ』と言いながら、昔ながらの麩菓子やお煎餅、ボウロを買ったり、孫に持って行ってあげるからとかわいらしいお菓子を買っていったりするのが多かったです。
小さい子どもは人生初めての自分での買い物をこのお店で体験することも多かったと思います。

 

10円ガムを1つ買うところからスタートして、50円玉1枚で『これで買えるかな??』と買ったり・・・。
子どもの買い物と言ったらやっぱり遠足のお菓子ですよね。300円以内、500円以内とか金額が決まっている学校もあれば、金額は自由で食べきれる量でという学校もあるみたいでした。
バイトしてる時は、子ども側の考えで接していた気がしますが、7年経って友達でもママになっていたりして親の立場に近付きつつあるんだなぁと、しみじみしました。

 

アルバイトといえば、やっぱり効率がいいのは試験監督のバイトのような気がします。
用紙をくばって、監督のいうなのもとにボーっとして、用紙を回収しておわり〜
眠らないようフリスクは必需品ですが。

 

時給も結構よかったはずです。
興味がある人はこんなサイトもあるのでのぞいてみてくださいね〜
 試験監督のバイトに関するサイト